美容皮膚科 肝斑(かんぱん)治療

肝斑(かんぱん)は、セルフケアでは改善することは難しい

沖縄県内で美容皮膚科をお探しの方に、口コミで人気のおすすめクリニックをランキングで紹介しています。

美容皮膚科で肝斑(かんぱん)のレーザー治療

肝斑(かんぱん)は、頬や額などにある薄茶色のもやもやしたシミのことです。 肝斑(かんぱん)ができる原因は、女性ホルモンのバランスが崩れることにあると言われています。 セルフケアでは改善することは難しく、美容皮膚科などで治療することで改善することができます。

シミにはレーザー治療が主流ですが、肝斑(かんぱん)には逆に悪化するとして、適切な治療方法ではありませんでした。 しかし近年、高性能な機械の登場により、レーザーで治療でることができるようになりました。

美容皮膚科でのレーザーによる治療方法は、低出力のQ-YAGレーザーによるレーザートーニングという治療方法が主流になっています。 従来の内服だけの治療よりも、効果的に早く改善することができます。治療による痛みもあまりなく、施術時間もそんなにかかりません。

また、肝斑(かんぱん)治療を行う場合施術中のホームケアや日焼け対策によっても、効果に大きな差が出ます。 治療期間中の肌は、紫外線の影響を受けやすくなっているので、UVケアが必要になります。 施術後は、一時的に肌が乾燥状態になる場合があるので、しっかりと保湿を行い、刺激のある化粧品を使わないようにした方がいいです。

美容皮膚科で肝斑(かんぱん)を治す場合は飲み薬を併用

ある程度の歳になってくると肝斑(かんぱん)で悩まされる方は多いです。他の皮膚トラブルに比べて、肝斑(かんぱん)は加齢も関係して治りにくいイメージはありませんか。 確かに美容皮膚科でもレーザーを使用すると逆に刺激を与えることになってしまい、色が濃くなってしまうというトラブルが起こる場合もあります。しかし、新しいレーザーが開発されたことにより、以前は不可能だった色を薄くすることも可能になってきました。

また、飲み薬を併用することにより、症状を改善することも出来ます。これはレーザーだけを使用するよりも、体の中から肝斑(かんぱん)に働きかけることができるため、効果的な方法となっています。 別のシミもある場合が多いので、そちらにはこれまでのレーザーを使うなど使い分けて使用することも出来ます。

人によって、どういった方法を使うかは変わってきます。人それぞれシミの原因となっているものは違い、また何で刺激を受けやすいかも変わってくるため、方法も変えなくてはならないからです。 美容皮膚科なら、レーザーや飲み薬など様々な選択肢から方法を選ぶことができ、ときにはそれらを併用して肝斑(かんぱん)に働きかけることができるのです。